レーシックで乱視の治療も可能:レーシック情報

近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。

 

レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。



レーシックで乱視の治療も可能:レーシック情報ブログ:24 5 2022

家|ョ´・3・)ノこんてぃわぁ♪

減量中は、
おかしは控えた方が良い!
というのは、わかっているんですが、
なかなか我慢できませんよねぇ〜?

で、オレは考えてみました…

「おかしを食べたーい!」という人の頭の中は
「おかし」→「美味しい」→「幸せ」
というイメージの連鎖ができていますよね。

だから、ウエストが空いていなくても、
おかしのパッケージを見たり、イメージするだけで、
甘い味や匂いや食感を思い出して
食べたくなってしまい、ついつい手が出てしまうのです。

実際、
おかしを食べている時には
確かに美味しくて、
一時的に幸せな気分になるかもしれません。

しかし実際には、
食べ終わった後から、後悔と罪悪感が始まりませんか?

そうやって食べられた食物は、
ストレスとなってエネルギーとして発散されにくく、
その結果、脂肪になりやすくなるみたいですよ!

これって全然幸せなことじゃないですよね?

つまり
「おかし」→「美味しい」→「幸せ」
ではなく
「おかし」→「罪悪感」→「脂肪」→「不幸」
なのです!

だから、
おかしのパッケージを見ながら、
食べてしまって後悔したことを思い出し、
そのイメージが常に思い出されるようになるまで、
何度も反復してイメージすれば良いと思うんです。

太っている自分のウエストを写真に撮るなんていうのも、
効果的かも…

何度も何度もおかしのパッケージを見たあとで、
後悔した思いや太った写真を見て、
「おかし」→「不幸」
というイメージを徹底的に焼きつけるのです。

そうすれば、
おかしのパッケージを見ても、美味しそうな匂いを嗅いでも、
「もうあんな思いするのは嫌だ!」と思って
手が出なくなるんじゃないでしょうか?